a day in the life with BMW

ブログトップ

オイル交換

MINIを始めBMWはロングライフのエンジンオイルを採用しています。
これは環境問題に配慮したものだと思っています。

オイル交換の必要性については新車時の慣らし運転のそれと同様に、何かと論争の的になりますよね。
ちなみに僕はMINI納車時はもちろん慣らし運転を行いました。いくら近年の技術の進歩が目まぐるしいとはいえ、量産ラインで作られるのですから金属のバリがないわけがない・・・と思うのです・・・。というより車好きには必須の愛車に対する「儀式」ですよね(^^)。

同じような理由でエンジンオイル交換を行っています。

まず1,000km(2003年10月18日)でエンジンオイル+エレメント交換をスーパーオートバックスにて行いました。(この時はBMW MINIのオイル交換は始めてだったらしくかなり苦労されたようです。)
以降、約3,000kmごとにオイル+エレメント交換を行っています。
銘柄は当初はオートバックスで採用されているカストロールのXF-08SLを使用していました。理由は安いから(^^; (約¥4,000)。
部分合成油ですが「化学合成油の高性能と鉱物油のコストパフォーマンスを画期的に両立させた新世代オイル」との事。
高級オイルを入れてあげたいのはやまやまなのですが、通勤で毎日酷使するわけですから(しかも高回転まで回すので)安いオイルでもその分頻繁に交換してあげたほうが良いかなと・・・。ちなみにM3はいつもお世話になってるBMW SPECIALTY SHOP「M Kraft」にて高級オイルを入れているのですが、MINIの場合は所詮ペンタゴンユニットですし・・・。

そして本日、走行距離14,970km。サイクル的にはまだ早いのですが新年の気分転換も兼ねてスーパーオートバックスへ。
オイル交換を頼むと今まで入れていたオートバックスのオイル銘柄がカストロールではなくなったらしい。
なので試しにいつもより少し高級なものにしてみようと思いカストロールRS SL5W-40を選びました。別にカストロールに拘っているわけではないのですがBMWはカストロールを採用してますしF1でもそうなのでなんとなく(^^;
ちなみにこちらは、100%化学合成油で「熱ダレを起こさない優れた粘度安定性と油膜保持力を有している」との事。
c0022246_19374935.jpg
オイルエレメントはいつも持ち込みです。MINIのエレメントは専用品なのでスーパーオートバックスには在庫は無いとの事です。なのでたまにディーラーに行ったときに2,3個まとめ買いしています。

はたして部分合成油と100%化学合成油の違いはペンタゴンユニットでも体感できるだろうか・・・。早速帰り道に違いを体感できました(^^)v
明らかにガサツさが無くなりました。MTなのでヒール アンド トゥを多様するのですがレスポンスが良くなっています。
掛かった費用は¥6,800ナリ。安い・・・。
M3のオイル交換に掛かる費用の1/3です(^^;
これくらいで済むならケチらないで次回からもRSにしようと思います(^^)。
[PR]
by NordenStein | 2005-01-03 16:53 | BMW '03 MINI COOPER