a day in the life with BMW

ブログトップ

ドライバーズシート交換(2000年9月)

M3のシートは専用セミバケットシートです。
しかし!ドイツ人にはこれでピッタリなのか、僕が小柄だからなのか、それともM3といえども万人向けだからなのかは分かりませんが全然ホールドしてくれません!!
さすが定評のBMWのシートなだけに長距離運転で腰が疲れるといったことはなかったのですが、スポーツ走行時に体が左右に振られます・・・。この頃は夜な夜な峠を走ってましたので気になっていました。

そんなある日、いつものようにネットを徘徊していると、「BMWおたっきーず」個人売買掲示板にてRECARO社のフルバケットシート 「SP-G」がシートレール、ベースフレーム一式セットで売りに出されていました。
以前からRECARO、およびフルバケットシートに興味がありました。純正のシートって値段がバカ高いんですよね。だから代えのきく社外品でかつ高性能のRECAROにすればオリジナルパーツの保存も出来るし一石二鳥だと思ったからです。
僕は岩手から群馬までの500kmを走る時でも休憩なしで走るタイプでしたし、車の中で寝る必要性を感じませんでしたのでリクライニングしないフルバケットで構いませんでした。見た目もレーシーでその分軽量ですしね!
交換作業は自分一人で行いましたが純正シートの重いこと重いこと(汗)。
それに対してSP-Gは片手で持てるくらいです(^^)。

実際に使用してみる前まではフルバケットシートはクッションが薄いし実用性は低いと思っていたのですがそんな事はありませんでした。さすがレカロと言うべきか500km一気に運転しても疲れません(^^)。
ホールド性は純正シートのそれとは段違いです!!コーナーでの微妙な横Gの変化を感じる事ができるようになりました。Gを感じる分、慣れるまで今まで何ともなかったコーナーが怖くなりましたが(^^;

SP-Gの場合、体がしっかりホールドされてしまう分、少しのセンターのズレも許容できなくなってしまいます。ブリンプ物の ベースフレームはセンターがずれ、シートポジションも高くなってしまうと聞いたことがありました。
今回付属していたシートレールとベースフレームはどこかのショップのオリジナルらしく、若干外側にオフセットしていますが慣れてしまえば問題無い範囲でした。
シートポジションも良い感じに低くできます。
これでリアシートへのアクセスは助手席側からしか出来なくなりました。まぁ後ろに人を乗せる事なんて滅多にないので構いません。
c0022246_0102334.jpg


外したM3純正シートですが今では映画観賞用の座椅子として丁寧に使っています。
c0022246_1253644.jpg

[PR]
by NordenStein | 2005-01-05 01:06 | BMW '95 M3B