a day in the life with BMW

ブログトップ

カナード装着(2002年8月)

当時は岩手〜群馬間を高速で行き来することが多かったのですが、東北道の仙台近辺は峠道みたいになっているため何度か怖い思いをしました(スピード出し過ぎって話も・・・)。"ある程度以上”の高速領域ではフロントがリフトして操舵感が薄れるのです。

そこで、高速領域でのコーナリング安定を計るべくカナードを装着してみました。
c0022246_12173295.jpg

モノは熊本にあるアパルーサにワンオフで作成して頂きました。
アパルーサが所有するシュニッツァーのコンプリートカー、CLSに装着されていたものと同タイプのものです。
c0022246_0313041.jpg
アルミの板の上にカーボンのシートが貼ってあります。正直作りは…でした(^^;。

結構小さいパーツですが体感できました。まずトップスピードが若干ですが落ちました。
トップスピードが落ちてしまうと本末転倒な気がしますがレーシングマシンではないのでまぁ良しとします。
また高速域でフロントが押さえつけられる感じになりリフトする感じが減りました。
あらためて空気抵抗の凄さを実感しました。


〜おまけ〜
カーボンメーターパネルを装着しました。
c0022246_12134950.jpg

これがまた難航しまして…。最初自分で取り付けようとメーターユニットごと外したまでは良かったのですが、透明なカバーは分解できないようになっているため無理矢理こじったところ割ってしまいました…(^^;
結局友人のメカニックにお願いして転がっていたメーターからカバーを移植してもらい事なきをえましたが…。メーターカバーのみの部品供給はないため危うくASSY交換になるところでした(^^;
[PR]
by NordenStein | 2005-02-06 00:27 | BMW '95 M3B