a day in the life with BMW

ブログトップ

カテゴリ:BMW '95 M3B( 29 )

REBIRTH (2001年2月)

倒れてもただでは起きない・・・。
どうせ入院するならイロイロとやってしまおう!

ということで
■大破したフロントマスクを後期型に変更
 ガラッと印象がかわりましたね。本当は、レアな'96年型を頼んでいたのですが 
 ディーラーのミスで'97年型になってしまいました・・・。
 個人的には前期型の顔の方が好きです。
■フォグランプは装着せず3D-Design社のカーボン製ブレーキダクト装着
 またフェードしたら嫌ですから・・・。
c0022246_2105058.jpg

 フロントのエアロはこの際社外のモノにしてしまおうかとも思ったのですが、検討
 に検討を重ねた結果、また純正のモノにしました。M3には一番似合ってると思っ
 たので。

■ステアリング交換
 デカすぎるステアリングともおさらばです。RUFなどのチューナーも採用する
 ATIWE製のエアバック対応ステアリングに交換しました。径は36.5cm。適度に小
 径でグリップも丁度良い太さです。エアバックレスの物が良かったのですがエア
 バックレスの物にすると助手席側のエアバックまで開かなくなるという話を聞いた
 のでやめました。実際どうだかは不明です。
 実は事故前に盛岡の某○ック○ットで取り付けを検討した事があったのですがそこ
 ではろくに調べもせず取り付けは無理との事でした(失笑)。
c0022246_2122432.jpg

 外した標準ステアリングは今では部屋のオブジェになってます。
c0022246_2021192.jpg


■シフトブーツ交換
 シュニッツァーのスエードに交換しました。シュニッツァーシフトノブと相まっ
 てイイかんじ(^^)。
c0022246_2123846.jpg


■エアクリーナーをK&N フィルターラムチャージャーに交換
 すごいです!レスポンスがさらに鋭くなりました!しかもエンジンがうなります!
 ヒール アンド トゥ時なんかシビれちゃいます!!
 低速トルクの低下は覚悟していましたが若干発進時に気を遣う程度です。高回転ま
 でブン回すのでほぼ問題なし!
 エンジンの熱気を吸いやすくなってしまうため心配でしたが、真夏の首都高渋滞を
 経験してもエンジンストールしてしまうような事はありませんでした(^^)。
 
c0022246_2133072.jpg


■arc前後中空強化スタビラーザー装着
 いわゆるアンチロールバーです。中空タイプなので純正のそれより軽量になってま
 す。装着後はロール量が減り、若干アンダー傾向になりました。

■その他、必要に応じてブッシュ類の消耗品交換
こうして生まれ変わったM3Bが2001年2月に帰ってきました(^^)
[PR]
by NordenStein | 2005-01-06 20:39 | BMW '95 M3B

クラッシュ・・・(2000年11月)

タワーバーが入り、3連メーターも付いて、バケットシートまで入ってしまったら走りたくない方がおかしいですよね・・・。
僕はこの当時調子に乗って峠をよく攻めてました。
今思えば漫画「頭文字D」の主人公にでもなったつもりだったかもしれません・・・。

あれは2000年の11月でした。冬になると岩手では雪が積もるのでM3は群馬に持って帰ってきていたのですが、しばらくM3とも会えなくなるため別れを惜しみ榛名に走りに行ったのです。
ドリフトの真似事みたいな事を車重1.5トン近くはあるM3でやってました。
そしてダウンヒルも架橋にさしかかった右コーナーでブレーキがフェードしガードレールに接触・・・。
BMWのブレーキ、特にM3のブレーキは高速道路を走ったくらいでは何の不満もありませんでした。しかしさすがに榛名を下りきるころにはその車重に耐えきれなかったのです・・・。

幸いエンジン、足回りは無傷だったので自走可能でしたがフロントマスク及び左サイドを破損させてしまいました・・・。
愚かでした・・・。明らかに自分の腕を過信していました。自損だったから良かったものの他人を巻き込んでいたらと思うとゾッとします。

僕の愚かな行為によって大切なM3を傷つけてしまいました・・・。こうして約3ヶ月程入院となりました・・・つづく・・・。
[PR]
by NordenStein | 2005-01-06 20:09 | BMW '95 M3B

ドライバーズシート交換(2000年9月)

M3のシートは専用セミバケットシートです。
しかし!ドイツ人にはこれでピッタリなのか、僕が小柄だからなのか、それともM3といえども万人向けだからなのかは分かりませんが全然ホールドしてくれません!!
さすが定評のBMWのシートなだけに長距離運転で腰が疲れるといったことはなかったのですが、スポーツ走行時に体が左右に振られます・・・。この頃は夜な夜な峠を走ってましたので気になっていました。

そんなある日、いつものようにネットを徘徊していると、「BMWおたっきーず」個人売買掲示板にてRECARO社のフルバケットシート 「SP-G」がシートレール、ベースフレーム一式セットで売りに出されていました。
以前からRECARO、およびフルバケットシートに興味がありました。純正のシートって値段がバカ高いんですよね。だから代えのきく社外品でかつ高性能のRECAROにすればオリジナルパーツの保存も出来るし一石二鳥だと思ったからです。
僕は岩手から群馬までの500kmを走る時でも休憩なしで走るタイプでしたし、車の中で寝る必要性を感じませんでしたのでリクライニングしないフルバケットで構いませんでした。見た目もレーシーでその分軽量ですしね!
交換作業は自分一人で行いましたが純正シートの重いこと重いこと(汗)。
それに対してSP-Gは片手で持てるくらいです(^^)。

実際に使用してみる前まではフルバケットシートはクッションが薄いし実用性は低いと思っていたのですがそんな事はありませんでした。さすがレカロと言うべきか500km一気に運転しても疲れません(^^)。
ホールド性は純正シートのそれとは段違いです!!コーナーでの微妙な横Gの変化を感じる事ができるようになりました。Gを感じる分、慣れるまで今まで何ともなかったコーナーが怖くなりましたが(^^;

SP-Gの場合、体がしっかりホールドされてしまう分、少しのセンターのズレも許容できなくなってしまいます。ブリンプ物の ベースフレームはセンターがずれ、シートポジションも高くなってしまうと聞いたことがありました。
今回付属していたシートレールとベースフレームはどこかのショップのオリジナルらしく、若干外側にオフセットしていますが慣れてしまえば問題無い範囲でした。
シートポジションも良い感じに低くできます。
これでリアシートへのアクセスは助手席側からしか出来なくなりました。まぁ後ろに人を乗せる事なんて滅多にないので構いません。
c0022246_0102334.jpg


外したM3純正シートですが今では映画観賞用の座椅子として丁寧に使っています。
c0022246_1253644.jpg

[PR]
by NordenStein | 2005-01-05 01:06 | BMW '95 M3B

3連メーター装着(2000年8月)

M3は3シリーズの中でもいわば"戦闘機"です。
E30 M3の場合はオーバーフェンダー、専用のトランクフード等々見た目だけでも迫力があります。
でもE36 M3の場合は「羊の皮を被った狼」然しています。Mのエアロが装着されていますが普通の人ならM-Sprots仕様と違いが分からないかもしれません。

実際に運転すればその違いは歴然なのですがやはり見た目の演出も多少は欲しいところです。
特にドライバーズシートから見える景色はメーター針が赤に変更されているくらいで殆ど普通の3シリーズと同じで何か寂しい・・・。
c0022246_23574526.jpg

となれば視覚的に効果的な追加3連メーターでしょう!機能的にも有用ですし(^^)。
M3の場合、標準で水温計と、通常の3シリーズに備わる瞬間燃費計の代わりに油温計が付いているのですが、いかんせん大雑把です(ドライバーに余計な不安感をあたえないための配慮らしいですが)。水温計なんて中央まで上昇したら微動だにしません。
当時僕は岩手と群馬を高速片道500km運転することが多かったのですが、M3Bは5MTでローギヤードなため高速でも5速レブリミット吹けきりで走ることもしばしばでした(←若かったのです・・・)。ですからエンジンの正確なコンディションを知る上でも欲しいところでした。

そこで当初は池袋にあるサンライズ Blvd.にてお願いしようと思ったのですがあいにく在庫切れでいつ入荷になるか分からないとのこと。埼玉のヤナイに問い合わせてみるとサンライズのタイプと若干違うようですが在庫があったため取り付けをお願いしました。取り付けには3〜4日車を預ける必要がありました。
c0022246_0175924.jpg

c0022246_0112773.jpg

 ↑装着後です。微妙にフットレストがシュニッツァーの物に交換されています。
  この頃はまだABCペダルはイケてないですね・・・。油温・油圧・電圧計。
  スピードメーターと同じくVDO製です。

センターコンソール部のオンボードコンピューター下の、本来は小物入れになっている部分に装着されています。運転中に確認するためには視線を下ろす必要があり、本当であれば位置的にはダッシュボードの上やオーディオ部分がベストかもしれませんね。僕は常にチェックしなければならないというわけではないし、見た目的に下品でないのでこの位置で満足しています。

少しだけ"戦闘機"っぽくなった気がします(^^)。メーターがいっぱい並んでるとなんとなく男のロマンを感じませんか?(^^;
[PR]
by NordenStein | 2005-01-04 16:40 | BMW '95 M3B

タワーバー装着(1999年冬)

内容は後日
[PR]
by NordenStein | 2005-01-04 16:38 | BMW '95 M3B

マフラー交換(1999年秋)

時期は1999年の秋だったと思います。

c0022246_14523637.jpg


純正のマフラーの音も決して静かすぎずジェントルな感じでイイ音してましたが、モディファイの基本であるマフラー交換をすることにしました。
場所はまだ移転前のStudie横浜にて行いました。
本当はDTMライクな跳ね上げタイプの物が良かったのですが在庫が無いとのことでやむを得ずストレートタイプのものにしました。
c0022246_1731710.jpg

   ↑マフラー交換後。ちなみにこの時は気分転換にM3のエンブレム
   はずしちゃってます。318isのエンブレムを付けていた時期もありました(^^;

ターボ車と違い吸排気系をいじった位でのパワーアップは望めませんので、あくまでもサウンドチューンのつもりで行いました。
出が良くなれば入る方もということで、同時にエアーフィルターもK&Nの湿潤式リプレイスタイプに交換しました。
c0022246_15171673.jpg

これは純正の乾式タイプのものに比べて非常に薄くて吸気効率が良く、洗浄することで何度でも使用できます。

交換した直後は予想していたより静かすぎるかなぁと思っていたのですが1000km程走行して消音材が焼けてくるとイイ感じの音がするようになりました。
心配された低回転域でのトルクの落ち込みも気になりませんでしたし、エンジンのレスポンスも若干鋭くなった気がしました。まぁ元から鋭いS50エンジンですので劇的な変化ではありませんが・・・。

音の方は、アイドリング時は静かですが高回転域でスーパースプリント特有のカン高い音を奏でてくれます。この当時は普段の足としてM3を使用していたのでこれで良かったのですが今では趣味車になってますので次はもう少し爆音系でもいいかなぁと思っています。あくまでも他人に迷惑かけない範囲でですが。
[PR]
by NordenStein | 2005-01-02 14:52 | BMW '95 M3B

アンダーリップスポイラー(1999年夏頃)

もう5年程前の事ですので正確な時期は忘れてしまいましたが恐らく1999年の夏頃だったと思います。

当時僕は盛岡在住で群馬と岩手の行き来は東北自動車道を使っていたわけですが、高速域になると揚力が働いて大げさに言えば飛行機のように飛んで行こうとしてしまうのです。←どんだけの高速域だよっ!というツッコミはなしです。若気の至りです(汗)。
c0022246_14302937.jpg


特にリアにはクラスIIウィングが装着されているためリアに働くダウンフォースに比してフロントは余計に浮く感じになってしまっていました。
そこでリップスポイラーの更に下に装着する純正アンダーリップスポイラーを装着することにしました。
これがあることでホイールハウス内に入り込もうとする空気の流れを整流することができ揚力の発生を抑えます。

この時は群馬にはまだBMW専門ショップはありませんでしたので埼玉の「ヤナイ」
で取り付けをお願いしました。
c0022246_14305972.jpg

装着後は非常に気を使う車になってしまいました(^^;
見た目は良いんですけどね(^^)。
コンビニ等に入るにもちょっとした勾配があるとスポイラーを擦ってしまいます。
走行距離が4万kmを越えてショックがそれなりにヘタって自然と車高が下がってましたし。

今まで2回ほど割ってしまい交換しています・・・。左右別々に購入できるのでその点は助かります。
[PR]
by NordenStein | 2005-01-02 14:27 | BMW '95 M3B

初モディファイ!(1999年夏頃?)

c0022246_14375169.jpg

BMWのMTは雑誌等で言われているようにシフトストロークが長くガチッとしていません。それはM3でも同じで318isに比べれば若干ストロークは短いようですがそれでもやはり長めです。シフトのフィールに関しては僕は決して嫌いというわけではありませんでしたが、もう少しガチッとしても良いかなぁと思いはじめました。

運転するうえで一番触れる時間が多いステアリングも標準のモノはでっかくてバスのステアリングみたいで不満でしたが、ステアリングと同じくらい触れるシフトもドライビングフィールを司る重要なファクターの一部です。
ACシュニッツァーからショートシフトなるアフターパーツがリリースされている事は知っていましたがいかんせん高い!定価で¥14万程(@o@)!!

そんな時、僕の所属する日本最大級のBMWファンクラブである「BMWおたっきーず」の個人売買掲示板にて定価の半額で出品されていたのです。これは買うしかない!早速コンタクトをとり購入させて頂きました(^^)。(だいぶ前の事でどなたから購入したか忘れてしまいましたが今でもちゃんと活躍させて頂いてますよ!)
この商品は定価では¥3万5千程するシュニッツァーのアルミシフトノブもセットになっているため一石二鳥でした(^^)。標準の革製シフトノブは購入時から既にボロボロでしたので。
しかし!せっかく購入できたのにそれを取り付けできる所がありませんでした(汗)。当時僕は盛岡市に住んでいたのですが盛岡はBMWが沢山走っているわりに技術的に信用できるショップは皆無なのです。af impでたまに出てくるショップもありましたが所詮ドレスアップのみのお店でした・・・。取り付けにはミッション下ろす必要があり工賃で¥10万かかるとか言われるし(失笑)。まったくお話になりません。
全国的に有名なStudie横浜は群馬からならまだしも岩手からは遠すぎます・・・。
結局知人のツテで気仙沼のショップで取り付けてもらう事ができました。もちろん取り付けにミッションを下ろす必要があるわけもなく工賃は約¥3万程でした。

早速、気仙沼から盛岡までの帰り道、ショートストロークシフトを堪能したわけですが最初の印象は「短っ!!!」というものでした(^^)。フィールも多少力が必要になりましたがガチッ、ガチッとして小気味よくきまり感動したのを覚えています。すぐに慣れてしまいましたが(^^;
c0022246_2194586.jpg

    ↑ショトストロークシフト換装後。恐らく1999年冬に撮影されたもの。
     助手席のコンソールがM3GT用のカーボンに換装されてます。
     ステエアリングでかいですねぇ!直径は約38cmもあります(@_@)
     今では部屋のオブジェと化してます。

これが大きなモディファイとしては初でした。
[PR]
by NordenStein | 2004-12-30 20:56 | BMW '95 M3B

M3購入!! (1999年4月)

僕の愛車BMW M3の紹介をしたいと思います。

購入した時期は1999年4月。4年落ちのアプルードカー、1995年式E36 M3Bです。走行距離は36,000kmでした。

仕事の先輩が乗るダカールイエローのM3Cに乗せて頂いたのがきっかけでした。
それまでMT車を所有したことがなく、BMWのMT車も珍しいためいつかは欲しいなぁ、と思うようになりました。

そんな折り、購入できる機会がありまして埼玉の某アプルードカーセンターで状態の良いM3Bと出会い購入に至りました。
それまでに横浜の非ディーラーにも試乗を兼ねて行ってみたりもしたのですが、安い代わりに程度もそれなり。セールスの人も茶髪のへんなアンちゃんだしイマイチ信用できず、走りの車だけに今後の保険の意味も含めて高くても正規ディーラーで購入することにしました。しかし、いかんせん稀少車。普段お世話になっている群馬のBMWに問い合わせたところ在庫がなくいつ入ってくるかも分からないとのこと。

そんな時、父親が雑誌「くるまにあ」の3シリーズ特集の記事を見て埼玉のディーラーの広告を発見。あるではないですか!程度の良さそうなM3が!
c0022246_16295522.jpg

       ↑購入前にお世話になった雑誌達。
        穴が空くほど?目を通したものです。
        下の2冊はM3Cに乗る先輩から当時頂いた本です。

早速その週末に父親と埼玉のアプルードカーセンターへ。色はコスモスブラック。
内外装はホイールがオプションのMダブルスポークになっている以外はフルオリジナル。聞くところによるとワンオーナーで大切に乗られていたとのこと。

隣にはダカールイエローのM3Cもありました。E36 M3のイメージカラーはダカールイエローだと思うのですが、さすがにハデなのと飽きが早いかなぁという理由でその時の僕は却下しました(今ならOKかも)。

E36 M3には前期型のBと後期型のCがあります。前期型が5MT、3,0l、286psなのに対して後期型は6MT、3,2l、321psと進化しています。しかし、当時の雑誌記事には"ベストバイは前期の最終である'95 M3B!!"なんてよく書かれていました。
前述のM3C乗りの先輩のも「Cは速いのは速いけどエンジンのパンチがBより劣る。峠ではBの方がオモシロイよ」なんて話を聞いていました。足回りにも変更があったらしくCはよりグランドツアラー色を強めたようです。
ここで逃せばいつまた良いM3に出会えるか分からない・・・。となればこのコスモスブラック '95年式M3Bに決定です!

納車時にはクラスII リヤウイングを装着してもらい、1999年4月、我が家にM3Bがやってきました。これが僕とM3Bとの始まりです。        ・・・つづく    
c0022246_1630887.jpg
c0022246_1630196.jpg
c0022246_16303013.jpg

↑購入時の写真が見あたらなかったので購入から数ヶ月後の写真です。若気の至りと申しましょうか(^^;当時まだ付けている人は少なかったユーロナンバーが付いています。当時としては斬新なファッションアイテムでした。雑誌af impでもまだ付けてる人はいませんでしたね。今では日本車なのにドイツナンバー付けちゃってる人とかいてなんだかなぁって感じです。あとはペダル類もノーブランドのもの、助手席コンソール辺りにバッチを付けてます。あとはオーディオが純正からKENWOODのハデめなものに交換してあります。今は全く路線変更です。それは後々ご紹介します。
[PR]
by NordenStein | 2004-12-30 16:18 | BMW '95 M3B